スペシャルゲスト:雅楽師『東儀 秀樹』

スペシャルゲスト:雅楽師『東儀 秀樹』

今回のファッションショーにてスペシャル・コラボレーションをおこなう東儀 秀樹氏についてご紹介します。

東儀 秀樹さんよりメッセージ(2015年03月10日)

今回のショーのテーマは、「歴私の贈り物〜不思議な力をあなたに〜」です。世界遺産「東寺」の力、「着物」の力、そして私の演奏する「雅楽」の力を融合させた、素晴らしいショーにしたいと思っています。歴史と伝統の力を出演する皆さんに感じて頂き、また来場される方々に向けて皆さまと共に贈りたいと願っております。
世界に誇れる日本の伝統文化を感じられるショーにするために、現在、構想を練っております。楽しみにしていてください。
東儀 秀樹京都東寺でお会いしましょう。

プロフィール

東儀 秀樹1959年東京生まれ。東儀家は、奈良時代から今日まで1400年間雅楽を世襲してきた楽家である。父の仕事の関係で幼少期を海外で過ごし、ロック、クラッシック、ジャズ等あらゆるジャンルの音楽を吸収しながら成長した。宮内庁楽部在籍中は篳篥、琵琶、鼓類、歌、舞、チェロを担当。宮中儀式や皇居での雅楽演奏会などに出演する他、海外公演にも参加、日本の伝統文化の紹介と国際親善の役割の一翼を担ってきた。

1996年デビューアルバム「東儀秀樹」で脚光を浴び、以後次々とアルバムをリリース。日本レコード大賞企画賞、ゴールドディスク大賞 純邦楽・アルバム・オブ・ザ・イヤー、平成16年度芸術選奨文部科学大臣新人賞など、受賞歴多数。現在はさまざまなジャンルとコラボレーションし、雅楽の持ち味を生かした独自の創作や表現に情熱を傾ける。最新作は、初のカバーアルバム「hichiriki ballad」。2014年8月より「東儀秀樹×古澤巌×coba」全国ツアーを開催。

役者や作家、イラストレーターとしてもマルチな才能を発揮する東儀 秀樹氏

東儀 秀樹
東儀 秀樹